1日体験・散歩・ウォーキング・まち歩きの楽しい観光情報
お散歩なび

TOPへ GTWについて にっぽんお散歩なび リンク よくある質問 お問い合わせ

■カテゴリー■
■新着記事■
■コメント■
■トラックバック■
■LINK■
■プロフィール■
 
■OTHER■

第171回スペシャルツァーIN鎌倉
  (以下は参加者の感想文です)


平成31年4月6日(土)鎌倉を訪れました。

集合場所の鎌倉駅から公営バスに乗り込み、現地集合場所の浄明寺へ。


① 国指定重要文化財 「一条恵観山荘」

2班に分かれて山荘のスタッフの内部案内まで、きれいな庭園と拝借した景観のすばらしさに感嘆。
コケや熊笹とウグイスの鳴き声の中で散策。屋内説明は声のよく通る美男子の方の案内あり(詩吟を習っているそうです)。
山荘内部は公開日が限定されているとのこと。




  
  山荘の襖絵  




② 国登録重要文化財 「旧華頂宮邸」
内部は年2回の各2日間公開だそうです。
北側の玄関は緑の葉の茂った木に囲まれていますが、南側はフランス式庭園が大きく広がっています。内部の部屋も広く、玄関ホールや階段室もありました。庭園の奥には彫刻の施された門を持つ無為庵もあります。






その後、タクシーに分乗して次の西御門サローネへ向かいました。

③ 鎌倉市重要景観建造物「西御門サローネ」
一級建築士事務所で使用
の建築物を拝見いたしました。おしゃれな洋館と二階で続く茅葺き屋根の部屋を見させていただきました。
昔は川もそばにあり、最初の鎌倉幕府があった場所だそうです。






その後、鎌倉のガイドさんに連れられて大倉幕府跡碑や畠山重忠邸跡碑、鶴岡八幡宮や大佛次郎邸茶亭などを街歩きしました。

④ 昼食「鎌倉峰本本店」
鶴岡八幡宮近くの間口は狭いが中に入ると広いお店にて、お昼をおいしくいただきました。食事前に個人的に鎌倉ビールをいただき、ご満悦でした。



⑤ 川喜多映画記念館・旧川喜多邸別邸
土間がある和風建築物でありながら畳の上にはテーブルや椅子が置かれておりました。庭からの景観が素晴らしい高台に立っています。
訪れた日は年2回の一般公開でした。





⑥ 壽福寺
総門から仏殿までの参道が長い大きなお寺です。大佛次郎や高浜虚子並びに源頼朝と北条政子と言われる墓を見学しました。






その後、オプションで「レストラン古我邸」に行きましたが、残念ながら当日は貸し切りで利用出来ませんでした。多くの女性が残念がっておりました。
駅近くまで歩きながら鎌倉駅にたどり、帰路につきました。





貴重な日ばかりに訪れることができ、楽しく春の鎌倉を街歩きできましたこと大変良かったです。

   3水 吉田 武







| 神奈川県::鎌倉市 | 10:59 AM | comments (0) | trackback (0) |
156回スペシャルツアーIN三浦海岸
首都圏唯一・流域の自然が丸ごと残る「小網代の森」エコツアー

海の見えるリゾート地を満喫



深い森の歩道


神奈川県三浦半島の先端、相模湾に面したリアス式の入り江と谷、それが「小網代(こあみじろ)の自然」です。

標高70〜80mの台地を、いくつもの小さな川が刻んだ谷、深い森、広々とした湿地、大きな干潟、そして南国の香り漂う湾。

頂点から相模湾外洋まで約3km、森と湿地と干潟と湾とを川が結ぶ、ひとつの流域がまるごと自然のまま残された、きわめて貴重な自然です。

小網代の自然の中心を成す「小網代の森」は約70ha。東京ドーム15個分の広さ。

1.2kmの「浦の川」がつくった流域がまるまる森と湿地のかたちで残されています。

首都圏では唯一の「完結した自然状態の流域=集水域生態系」。

これまでに2000種以上の生きものが確認され、絶滅危惧種も多数生息している、生物多様性の宝庫です。

一つの“流域”がまるごと自然のまま残された、首都圏では唯一と言われるほどの極めて貴重な自然が、

住民運動によって保全され、近年一般開放されたばかりの小網代の森をガイドも同行し散策します。




 途中の休憩場

 河口付近の湿地帯





散策の後は、オーシャンビューのホテルマホロバマインズ三浦の温泉でゆっくり過ごします。

また、ホテルでは、食事や、イベントなどの出し物を楽しみます。

 ホテルでのイベント七福神踊り

 ホテルのイルミネーション


※歩行距離:片道約1.3km、歩行時間:片道約45分。長袖シャツ、長ズボンなどを着用し、肌の露出を少なくする。

トイレは途中にないので注意。トレッキングシューズあれば便利。




<以下は参加したメンバーの感想です>

 先月、グループタウンウォッチング、スペシャルツアーIN三浦海岸に参加しました。楽しい旅でした。

神奈川県三浦半島の先端にある小網代の森の「浦の川」が作った流域が、森と湿地の自然状態のまま首都圏では唯一残されている場所とのこと。

川の最上流部から河口の干潟まで、中央の谷、散策路が整備されていて歩きやすく、

自然景観のドラマ、鳥の声、虫(毛虫の幼虫がすきとうっていてきれいでした。

生きとし生けるものの春の息吹を感じ、花を見、樹々を見上げ、虫を見ながら楽しく歩きました。

特に、運よく干潟の時間に居合わせ、春から秋にかけて見られる蟹の一種「チゴガニ」のダンスが見られました。

これには感動しました。きっとこのチゴガニのダンスは二度と見るチャンスは私にはないかもしれないだろうと。


 チゴガニのいる干潟でガイドさんに説明を聞く


また、干潟に行く路々の両側には浜大根の花が咲きほこっていました。こんな感動は街歩き、野、森歩きをするから味わえるのかもしれません。

 ガイドさんを先頭に浜大根の花が咲きほほこる遊歩道を行く一行


美味しいものに出会えるのも旅の大きな楽しみです。

今回のランチは青い海、空のもとでの、クラブハウスレストランでの昼食でした。


 クラブハウスでの昼食会

 マリーナの建物


贅沢な気分を堪能しました。


街歩きは感動があり、驚きがあり,出合いがあり楽しいものです。

次は何処に行きましょうか?


自然と出合いを満喫した楽しいグループタウンウォッチングの旅でした。

  2金 岡崎美和










 


| 神奈川県::三浦市 | 05:01 PM | comments (0) | trackback (0) |
150回スペシャルIN川崎・生田
  ―戦争遺産への理解・明治大学・平和教育登戸研究所資料館見学と緑豊かな東高根森林公園散策―


明治大学生田キャンパスは理工学部・農学部の1~4年生と大学院生が学んでいます。
その中にある登戸研究所は、戦前に旧日本陸軍によって開設された研究所です。秘密戦兵器・資材を研究・開発していました。正式名称は第九陸軍技術研究所ですが、研究・開発内容を決して他に知られてはいけなかったために、「登戸研究所」と秘匿名でよばれていました。

登戸研究所は、アジア太平洋戦争において秘密戦の中核を担っており、軍から重要視された研究所でありましたが、終戦とともに閉鎖されました。その後、1950年代に登戸研究所跡地の一部を明治大学が購入し、現在の明治大学生田キャンパスが開設されました。


チューリップ写真をクリックすると拡大されます


  平和教育登戸研究所資料館の入口

資料館の風船爆弾模型

  かつて研究に使われた動物を祀る慰霊碑

  研究所当時の消火栓



神奈川県立東高根森林公園は、多摩丘陵の懐かしくも美しい自然を今に伝える公園です。この公園は、川崎市のほぼ中央部に位置し、東名高速道路と市営緑ヶ丘霊園に隣接した場所にあります。

現在、古代芝生広場になっている場所は、弥生時代から古墳時代にかけて営まれた竪穴住居跡が発見され、また、周囲のシラカシ林(推定樹齢150~200年)が、学術上非常に価値の高い植物群落であることが判明しました。【文化財】県指定史跡「東高根遺跡」(1.3ha)【県指定天然記念物】「東高根のシラカシ林」(2.9ha)ボボル



  東高根森林公園を散策

  森林公園の紅葉


  久地かまど本店での”かにづくし”の昼食会


<以下は参加したメンバーの感想です>

11月19日タウンウォッチングのスペシャルで、川崎市生田にある明治大学に行きました。
元の建物が老朽化のためになくなったのは残念ですが、旧日本陸軍の秘密戦が理解できるように展示された資料や、説明者の話は大変興味深いものがありました。
ぜひとも一度はご家族と行かれることをお勧めします。

昼食会は南武線の久地駅近くの「かまど本店」で、「かにづくし」の食事でした。
カニの殻にとても丁寧な仕事がしてあり、食べやすく、おいしく頂きました。
ともあれ、とても勉強になった見学先でした。

東高根森林公園は、森を切り開いたような高低差の大きい公園でした。
シニア向けにはあまり適していないかもしれませんが、真っ赤なモミジの紅葉が素敵でした。

  第1水曜 寺岡明子





見学コース


登戸研究所資料館見学⇒レストラン送迎バス⇒久地かまど本店 <食事(彩り膳・かにを中心にして>⇒東高根森林公園見学⇒解散


【アクセス】
●集合=小田急線「生田駅」 」(準急・各駅停車)下車南口
登戸研究所資料館=小田急線「生田駅徒歩約10分
※新宿から急行で約20分の「向ヶ丘遊園駅」で下車し、 準急・各駅停車に乗り換えて1駅目(約3分)
※小田原方面から快速急行・急行「新百合ヶ丘駅」で下車し、準急・各駅停車に 乗り換えて3駅目(約7分)





| 神奈川県::川崎市 | 12:42 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑